2014年08月31日

手帳スケッチ、というもの

 友人が習っている関本紀美子さんの本「手帳スケッチ」が届いた。パラパラめくってみたら、彼から聞いた通り、パパっと手早く書いて、後で色づけする手法で、出来そうだと思ったったので、昨日、絵具やスケッチブックを買った。で、さっそくやってみました。
 街歩きや旅行のとき、この頃はもうIphoneでしか写真を撮らなくなったけど、何か物足らない感じがしていました。でもこんなふうにパパっとしたスケッチのほうが、なぜか写真より印象に残るような気がします。これは楽しめそう。

20140830_204310795_iOS.jpg

20140830_204436877_iOS.jpg
ラベル:関本紀美子
posted by AS at 08:34| Comment(0) | day by day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

オードリーの晩年

先日、だいぶ前に録画していたオードリー・へッピバーンのドキュメンタリーを見ました。
ヘプバーンが本当に伝えたかったこと 〜妖精はなぜ銀幕を去ったのか〜
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/102447/
番組紹介には、こんなふうに書かれていました。
彼女はなぜ映画の世界から離別したのか?ユニセフの親善大使となり何を伝えたかったのか?主に晩年を中心に、生い立ち・歩み・心の動きを探り、彼女の心の真実に迫る云々。

このシリーズはwowowのオリジナル制作です。プロデューサーの小林慶吾によれば、AAR副理事長の加藤タキさんの協力が得られたので製作が実現したのだそうです。三人目の夫、オランダ人俳優ロバート・ウォルダースヘップさんやオードリーの次男が出演してもらえたのは、加藤さんのおかげのようです。
ヘップバーンが3度めの結婚をしたことはあまりよく覚えていなかったのですが、映画に出なくなった理由もはっきりとは知りませんでした。ユニセフの活動に肩入れしていたことは知っていましたが、これほどまでに情熱を注いでいたことはこのドキュメンタリーを見て初めて知りました。
オードリーはこんなふうに語っています。
「わたしは、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきり証言できます。なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから」
ユニセフが与えてくれたチョコレートが、栄養失調の自分に生きる希望を与えてくれたという体験が、この慈善活動の動機になったようです。

映画にでなくなったのは家族を大切にしたかったのだろうと漠然と思っていましたが、次男のルカの子育てに専念したかったためだったようです。

それにしても亡くなったのが63歳とは改めて驚きます。
癌と告知されたのですが、延命治療などは拒否して自宅で静かに死を迎え、悲しむことはなかったと、このドキュメンタリーでは描かれていました。
でもオードリーの晩年が幸福なものだったのかは、このドキュメンタリーだけではわからないと思いました。


20130204dyo00m200037000p_size5.jpg
posted by AS at 10:34| Comment(0) | day by day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。