2016年01月03日

11. そしてミラノ   2015年12月27日

 そしてミラノに向かいました。275kmを走って4時過ぎ、バスはミラノの街に入ります。スカラ座でバスを降りました。今日は公演がなくひっそりと佇んでいます。近いうちにここでオペラを見ると決めています。
 オペラ座の正面はレオナルド・ダ・ヴィンチ広場で、ダ・ヴィンチの像がありました。その近くからアーケード街が伸びています。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世アーケード、という長い名がついています。たくさんの人々が通りを埋めつくして、なかなか前に進めません。やっと抜け出るとそこにはミラノ大聖堂。凄いスケールで、ぼくは思わずサクラダ・ファミリアを思い出しながら比べていました。入口から長い列ができていましたが、そこに並ぶことはできませんでした。いつかスカラ座でオペラを聞くとき、必ずこのドゥオーモにも入ると心に決めました。その間にも人はどんどん増えてきます。クリスマスが終わって初めての日曜日なので、ミラノの人々もじっとしていられないのでしょうか。
 ホテルに向かう時刻が近づいてきます。ぼくは再びアーケード街を戻り、スカラ座とダ・ヴィンチ広場の周りをもう一度ゆっくり歩いてバスに戻りました。旅のフィナーレでした。

IMG_6730.jpg

IMG_6733.jpg

IMG_6741.jpg

IMG_6757.jpg

IMG_6763.jpg

IMG_6778.jpg

IMG_6791.jpg

IMG_6798.jpg

IMG_6819.jpg

IMG_6866.jpg


posted by AS at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10. ああ、ベネチア   2015年12月27日

 旅の最終日はベネチアです。実はイタリアの中で一番行きたかったところがここでした。塩野さんの膨大な著作の中で、ベネチアに関するものに一番惹かれたからかもしれません。でもそのベネチア本島には泊まれなかったので、ヌエンタディビアヴェのホテルから46Kmを走り、水上ボートに乗り換えて島に向かいました。雨は降っていないものの、曇って冷え込んでいます。島に上がって合流した日本人のガイドさんも、今日は今年一番の寒さだと言ってました。でもベネチアは冬の方がゆっくりと観光ができるのでお薦めだと言われています。
 ガイドさんの解説を聞きながらサン・マルコ広場、ドゥカーレ宮殿、サン・マルコ寺院を見て歩きます。それから、ベネチアングラスの工房を見て、ゴンドラに乗り、通りを歩いてお店を覗き、カフェでエスプレッソを飲んでいるうちに、島を離れる時刻になりました。短くも濃密な時間でした。惜しむらくはサン・マルコ寺院にもドゥカーレ宮殿にも入れなかったことです。必ずまた訪れるつもりです。

IMG_6437.jpg

IMG_6457.jpg

IMG_6477.jpg

IMG_6491.jpg

IMG_6517.jpg

IMG_6527.jpg

IMG_6530.jpg

IMG_6533.jpg

IMG_6559.jpg

IMG_6569.jpg

IMG_6573.jpg

IMG_6598.jpg

IMG_6664.jpg

IMG_6708.jpg





posted by AS at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9. ピサ 2015年12月26日

 ウフィツィ美術館の後はピサ観光です。ここも花田さんのガイドで見ていきました。ドゥオーモ広場には、大聖堂ドゥオーモ、洗礼堂、ピサの斜塔、墓地が建っています。この建築美は11世紀から14世紀にかけてイタリアの建築芸術に大きな影響を及ぼしたということですが、ほんとうに素晴らしいものでした。

IMG_6309.jpg

IMG_6316.jpg

IMG_6323.jpg

IMG_6337.jpg

IMG_6347.jpg

IMG_6362.jpg





posted by AS at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

8. ウフィツィ美術館 偉大なり  2015年12月26日

 朝一番8時半にウフィツィ美術館に入りました。こういうことが可能なのもツアーならではのことでしょう。入り口には予約をとれてない人たちがすでに列を作っていました。
 花田さんの素晴らしい解説とチョイスで、効率よく作品を見ていきました。ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」(1485年頃)と「プリマヴェーラ」(1477年-1478年頃)、「東方三博士の礼拝」(1475年頃)。ヴェチェッリオの「ウルビーノのヴィーナス」(1538年)。ダ・ヴィンチの「受胎告知」(1475-80年)などです。
 ルーブル、オルセー、プラドに引けをとらない偉大な美術館だと思いました。いつかまた訪れ、一日かけて見ようと心に決めてここを後にしました。

IMG_6168.jpg

IMG_6177.jpg

IMG_6183.jpg

IMG_6213.jpg

IMG_6214.jpg

IMG_6217.jpg

IMG_6220.jpg

IMG_6225.jpg

IMG_6257.jpg

IMG_6259.jpg

posted by AS at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7. いよいよフィレンツェ   2015年12月25日

 いよいよフィレンツェです。2時頃につきました。まずは小高い丘の上にあるミケランジェロ広場に寄ります。アルノ川の向こうに広がる町並みが一望できます。広場の中央にはミケランジェロのダヴィデ像のレプリカが立っていました。
 ガイドの花田さんの案内で歴史地区を歩いていきます。フィレンツェ共和国の歴史の原点で、今も市の政治的中心地シニョリーア広場。14世紀にフィレンツェの政庁舎として建築されたヴェッキオ宮殿。フィレンツェのシンボル、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会。ヨーロッパ最古の美術館ウフィツィ美術館。いずれも13世紀から16世紀にかけての繁栄の中で建設された、目もくらむような歴史的建造物です。
 明日の朝、ウフィツィ美術館に入ります。

IMG_5850.jpg

IMG_5869.jpg

IMG_5858.jpg

IMG_5893.jpg

IMG_5895.jpg

IMG_5899.jpg

IMG_5900.jpg

IMG_5903.jpg

IMG_5950.jpg

IMG_5974.jpg

IMG_5979.jpg

IMG_5990.jpg

posted by AS at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6. チビタ・ディ・バニョレージョ 2015年12月25日

 翌日は8時前にはホテルを出ました。チビタ・ディ・バニョレージョに寄って2時頃にフィレンツェに着く予定です。ラツィオ州の北部にあるこの小さな街は、2500年以上前にエトルリア人によってつくられた都市ですが、台地辺縁部の崩落によってその上の建物が崩れる危機に常にさらされており、「死にゆく町」(il paese che muore)とも言われています。風や雨で浸食した土地は陸の孤島となり、美しくも悲しい町という表現が頷けます。それでもりっぱな教会がありました。
 宮崎駿さんの「天空の城ラピュタ」と綾瀬はるかさんが主演した映画 「ホタルノヒカリ」の舞台になったので、日本では人気の観光スポットになりました。よくこんなところを見つけたものだと思いました。

IMG_5779.jpg

IMG_5790.jpg

IMG_5807.jpg

IMG_5818.jpg

IMG_5820.jpg

IMG_5825.jpg


posted by AS at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5. コロッセオ、トレビの泉 2015年12月24日

 サン・ピエトロ広場をでてコロッセオに行きました。われわれを迎える堂々たる門は315年に建てられたコンスタンティヌス帝の凱旋門。そしてその右手にコロッセオ。紀元80年に建てられた収容人員5万人の円形闘技場。ここで、何万人もの人々が猛獣と剣闘士、剣闘士同士の殺し合いを娯楽として見ていた。ここも中には入れませんでしたが、それでも圧倒されました。
 そのあとはトレビの泉。後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うというのでやってみました。それからスペイン広場にいきました。ローマの休日を思い出します。観光客で溢れていました。

IMG_5636.jpg

IMG_5639.jpg

IMG_5641.jpg

IMG_5642.jpg

IMG_5653.jpg

IMG_5657.jpg

IMG_5645.jpg

IMG_5666.jpg

IMG_5684.jpg

IMG_5688.jpg

IMG_5698.jpg

IMG_5712.jpg

IMG_5711.jpg




posted by AS at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4. ヴァチカン、サン・ピエトロ広場 2015年12月24日

 レストランでガイドの吉野さんと合流して、まずはサン・ピエトロ広場に入りました。ベルリーニが設計して1667年に完成した広場です。そびえ立つサン・ピエトロ寺院に向かって歩き、教えてもらったイタリアとの国境線を越えてヴァチカン市国に入ります。
 これが初代法王ペトロの墓所に建つカトリックの総本山、サン・ピエトロ寺院。そして世界最小面積の国家ヴァチカン。すごい、圧倒されます。でも残念ながらこのツアー、サン・ピエトロ寺院にもバチカン博物館にも入場できません。眺めるだけで、ちょっと不満です。いずれまた訪れることにします。
 
IMG_5547.jpg

IMG_5548.jpg

IMG_5566.jpg

IMG_5582.jpg

IMG_5584.jpg

IMG_5594.jpg

IMG_5601.jpg

IMG_5607.jpg

IMG_5609.jpg



 
posted by AS at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

3. ローマへ 2015年12月24日

 翌朝は8時半にホテルを出てローマに向かいました。230Kmを走ってお昼にローマに入ります。到着した日は真夜中だったので何も印象に残っていません。やっと見れたローマの街並みです。車の縦列駐車がすごい。どうやって入れるんでしょう。
 洒落たレストランに着きました。前菜として二種類のパスタがでたあと、メインのポークにサラダ。デザートのケーキもあって満腹。イタリア人はホントよく食べるんですな。

IMG_5464.jpg

IMG_5487.jpg

IMG_5465.jpg

IMG_5474.jpg

IMG_5490.jpg

IMG_5482.jpg

IMG_5476.jpg

IMG_5480.jpg


 
posted by AS at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | traveling to Italy 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。