2015年10月21日

デジレ・ランカトーレに心奪われた夜

昨夜はイタリア文化会館主催のイベントに参加しました。「デジレ・ランカトーレに訊く 音楽とわたし(インタビュー:井内美香)」というもので、ぼくはあまりよく知らなかったのですが、来日中のプラハ国立歌劇場のプリマドンナです。
 ネットで経歴を見ますと、18歳でザルツブルク音楽祭の《フィガロの結婚》でデビューして、その後、スカラ座、英国ロイヤル・オペラ、ウィーン国立歌劇場、ローマ歌劇場など、数々の一流オペラハウスで歌って、その地位を不動なものとしたようです。今回はプラハ国立歌劇場とともに来日して、実は4日前に東京文化会館で、椿姫のビオレッタを演じたばかりでした。ぼくは見ていません。このあとは大阪と名古屋の公演だけなので、惜しいことをしたものです。 
 イタリア文化化会館に来るのも初めてでしたが、地下にりっぱなホールがあり、メディアで宣伝したわけでもないのに、たくさんの観客で八割かた席は埋まりました。七時から音楽ジャーナリストの井内美香氏とのトークでイベントは始まりました。途中で二曲、歌の披露があり、八時からはイタリア国営ラジオ放送Rai3の番組「ラ・バルカッチャ」の中継になりました。それが二十分ほどで終わったあと、観客からの質問に答えるやり取りもあり、最後にもう一曲歌ってくれて終了したのですが、その頃にはもうすっかりデジレのファンになっていました。
 トークが始まるやたいへんな親日家ということがわかりましたが、やはり嬉しいものです。まだイタリアに旅行したことがないので、イタリア人の女性が一般的にどういう感じなのかわかりませんが、デジレは気さくで明るく、誰にでも好かれそうな人柄に思えました。それでもオペラについて語った内容からは、たいへんによく勉強していることが窺え、高い知性の持ち主であることもわかりました。
 披露してくれた歌は椿姫から二曲とフランス語の歌が一曲。生でかつ間近で聞けたその三曲は、いずれもそれはもう素晴らしいものでした。
 ところでこのイベントは無料でした。すごいなと思ってフランスやドイツなどの在日大使館のサイトを見たのですが、このように立派なホールで一流音楽家の生演奏を無料で聞かせてくれるイタリア文化会館のような組織、施設を持っているところはありませんでした。イタリアという国が自国の文化や芸術をいかに誇らしく思っているのかわかります。これもまたひとつの国力なのだと思いました。

IMG_4852.jpg

IMG_0101.jpg

IMG_4859.jpg

posted by AS at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。